マイナンバーの通知カードは個人番号通知書に代わります

法律の改正により、令和2年5月25日から通知カードが廃止され、再発行・記載事項の変更ができなくなりました。
これからは、個人番号通知書によりマイナンバーのお知らせがされます。

お持ちの通知カードは保管してください

◎現在お持ちの通知カードは、マイナンバーを証明する書類として引き続き使用することができます。
 ただし、通知カードに記載されている住所・氏名などが住民票と一致している場合に限りますので、ご注意ください。

◎通知カードがない場合のマイナンバーを証明する書類として次のものがあります。
 ・マイナンバー入りの住民票~1通300円
 ・マイナンバーカード~交付手数料無料
  (申請から交付まで1か月ほどかかります。詳細はお問い合わせください。)

★注意★
通知カードとは紙のもの、マイナンバーカードとはプラスチック製で顔写真付きのものとなります。

■新しくマイナンバーが付番される方は

令和2年5月25日よりあとに出生の届出をしたお子さんなど、新たにマイナンバーが付番された方には
「通知カード」に代わって、「個人番号通知書」が郵送されます。
(個人番号通知書は、マイナンバーを証明する書類として使用することはできません。)
▲上に戻る

お問い合わせ・担当窓口

税務住民課 戸籍年金係

▲上に戻る

最終更新日: 2020/05/22

情報発信元: 税務住民課 戸籍年金係

関連カテゴリー


●ホーム / 各課のご案内 / 税務住民課 / 戸籍年金係